ここでは、知らないと損をしてしまうお金に関するお得情報を公開していきます。

知らなきゃ損するお金の情報
〜敵を知り己を知れば百戦危うからず〜

経済的自由への道しるべ(トップページ)株式、オフショア投資徹底ガイド>知らなきゃ損するお金の情報




知らなきゃ損するお金の情報
トップページに戻る
損をしない為に
 ・支出を分析しよう!
 ・自分のB/S を書いてみる
 ・お金に関する資格取得
 ・知らなきゃ損するお金の情報
 ・生命保険を考える
   |-生命保険無料見直し
 ・所得税について〜医療費控除〜
 ・【お得】キャッシングの徹底比較
 ・【お得】クレジットカード徹底比較
 ・インターネット銀行徹底比較
 ・オススメのインターネット銀行

 ・インターネット収入の課税
はじめに
世の中には沢山の制度・仕組みがあります。これなの中には、私達にとって非常にありがたい制度も沢山あります。しかし、その仕組みも知らなくては意味がありません。ここでは、知らないと絶対に損をしてしまうお金に関する情報を載せています。














必見!!
高額の医療費について@ 年間100万円以上の医療費が掛かる場合、それを超える分については国が負担してくれます。(月額84000円以上)このことは、自分で言わないと、教えてくれないのでキチッと申請しましょうね♪(差額ベッド代などは不可)ただし、還付されるのは2〜3ヵ月後です。
高額の医療費についてA ↑とは言うものの、病院は基本的に現金払いです。その現金が足りない為に、消費者金融へ・・・。
最悪です。高額医療費貸付制度というものを利用しましょう。これは医療費の8割を無利息で貸付してくれる制度です。ただし、上と同様に自分で申請しなくては誰も教えてくれないので、是非申請しましょう。


サラリーマンの方
帰宅費用は経費扱い!単身赴任者必見

単身赴任者の実家への帰宅費用は別申告すれば、経費として認められます。是非、申請するようにしましょう。

その他にも2012年以降は様々な「経費」が「特定支出控除」として認められるようになりました。該当する方は多少限られるでしょうが、使い勝手は良くなっているので該当する方はぜひ利用してださい。

参考:サラリーマンも経費が使える「特定支出控除」のしくみ

 

早期退職金か前払退職金。大違いの所得税

退職金には大きな控除が設けられています(勤続年数に従い増加)
しかし、近年退職金をボーナスに上乗せして、支払う企業が出てきています。この場合、退職金よりはるかに控除の小さい、給与所得としてカウントされますので、その分税額は大きくなってしまいます。

 

資格取得費用は国が負担!?教育給付金制度

教育給付金制度は国が資格取得などの費用の約80%を肩代わりしてくれる制度です。恒久的な制度とは思えませんので、できるだけ早めに活用してはいかがでしょう?

 

常識!奥さんの所得と年金。

奥さんのパートタイムの所得は103万円を超えてしまうの問題です。所得税が掛かったり、もっと稼ぐと、年金の支払いも発生します。このため、やはり、抑える必要があります。また、130万円を超えると社会保険料が発生します。このあたりは、常識ですね。

参考:パート・主婦の103万円の壁と130万円の壁

 

定年後の失業保険!知らないあなたは損をする。

たとえ定年や依願で自分の意思で会社をやめ、今後悠々自適な生活をすごしたいと思っているかた、65歳までは失業保険を受けることができますよ!
ただ、全く再就職活動をしていないようでは給付されないので新聞の求人欄を読む位のポーズは必要です。まあ、よく知られていることではありますが。

 

活用!!医療費控除

案外知られていませんが、医療費は所得控除の対象になります。また、医療費本体のみではなく通院に必要とした費用などもその対象となります。万が一のことも考えて病院の領収書などは保管しておきましょう。
同様にドラッグストアなどに利用したお金も使えます。
ただし、健康増進系(サプリメントなど)は対象ではありません。ご注意を。
詳しくは所得税と所得控除をご覧下さい。

 



経済的自由への道しるべトップページに戻る

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO