『無料でインターネットで副収入』『株式投資・証券会社の比較』『インターネットで得する情報や税金についての情報』を解説
経済的自由への道しるべ 副業や株式投資・ネットバンクで資産形成
経済的自由への道しるべ人気証券会社

マネックス証券
バランスの取れたネット証券。無料ツールが優秀 (詳細

経済的自由への道しるべ証券会社活用ガイド証券会社の選び方>取引手数料

取引手数料 / 証券会社の選び方

取引手数料は、株取引における仲介手数料です。株式を買ったり、売ったりすることでかかります。現在はネット証券を中心に取引手数料の引き下げが進んでおり、取引コストは売買代金の0.1%以下です。もちろん、手数料が高い=株式の売買による利益が減るということになりますが、ある一定以上の安さであれば、そのほかの要因で選んでも良いかと思います。

まず、ここでは、証券会社における手数料の仕組みと特徴を説明していきます。

 

証券会社の取引手数料の種類と特徴

証券会社が提供している手数料は大きく「取引ごと手数料」と「一日定額手数料」の二種類に分類することができます。

取引ごと手数料

取引一回ごとに手数料がかかるタイプの手数料体系です。ほとんどの証券会社では、スタンダード手数料などという名目で呼ばれている一般的な手数料です。例えば、300万円の取引をした場合、この300万円に対して一定の金額の手数料がかかります。

一日定額手数料

一日定額手数料とは、取引一回あたりの金額や、取引の回数に関わらず、一日の取引金額の合計に対して手数料がかかります。松井証券がボックスレートという名称で始めたのが最初で、今では多くの証券会社で導入されています。
非常に有利に見えますが、金額あたりの手数料の割合は一日定額手数料のほうが高く設定されています。

取引ごと手数料と一日定額手数料はどっちを選べばお得?

どちらを選べばおとくなのかは投資家の投資スタイルにより異なります。基本的に、一回の取引金額が300万円を越える投資家の場合、無条件で取引ごと手数料がお得ですが、一回の取引金額が少ない上、取引回数が多い投資スタイルの投資家の場合は一日定額手数料がお得になります。

取引ごと手数料
一日定額手数料
1回の取引金額が大きい
有利
不利
一日の取引回数が多い
不利
有利
ただし、1回の取引金額が300万円超となる場合は、ほとんどの場合無で取引ごと手数料にしたほうがお得になります。(一日定額手数料の基準が300万円ごとの証券会社が多いため)

 

 

証券会社活用ガイド

証券会社活用ガイドでは、株式投資を行う上で第1に選ぶべき証券会社(ネット証券)について選び方から各証券会社のサービス内容まで徹底ガイド。

証券会社の選び方
取引手数料
投資ツール・投資情報
サービス
取扱商品
 |-外国株
 |-債券
 |-投資信託
 |-FX
 |-信用取引

証券会社ランキング
 |-マネックス証券
 |-楽天証券
 |-丸三証券
 |-ジョインベスト証券
 |-内藤証券
 |-ジェット証券
 |-クリック証券
 |-SBI証券
 |-松井証券
 |-かざか証券
 |-コスモ証券
 |-オリックス証券
 |-カブドットコム証券
 |-トレーダーズ証券
 |-野村證券
 |-大和証券

証券会社比較のおすすめサイト
証券会社比較ランキング
ネット証券クチコミ比較
証券会社ランキング
証券会社比較ナビ

 

経済的自由への道しるべ

経済的自由への道しるべでは、投資・節約を通じて経済的な自立を目指すためのウェブサイトです。
皆様の経済的な自立・自由獲得のために助けになればと考えております。

経済的自由への道しるべ(HOME)

ライフプランニングと経済的自由
 |-不労所得とは
 |-不労所得を増やすには
 |-複利のパワー

・無料!ネットで稼ぐ
ネットバンク活用講座
 |-インターネット銀行比較
・株式投資で稼ぐ
証券会社活用ガイド
 |-証券会社ランキング
・外国為替投資講座
・クレジットカード徹底比較
・保険をイチから考え直す

 

 

経済的自由への道しるべ人気ページ:証券会社ランキング/インターネット銀行徹底比較/

経済的自由への道しるべに関して情報の無断転載を禁止します。

copyrightc 2003-2013 shou All rights reserved.  

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO