不動産の本当の資産価値を計算
〜収益還元法による価値判断!〜

経済的自由への道しるべ(トップページ)金融情報局>不動産の本当の資産価値を計算



不動産投資徹底検証
トップページに戻る
不動産投資の考察
不動産投資(マイホーム購入を含む)について徹底的に検証します
 ・不動産投資の裏を徹底検証
   |-不動産の価値を測る!

不動産投資リンク集
住宅ローン比較
新生銀行住宅ローン
不動産の価値は何で決まる??
不動産に投資するにしろ、自分のマイホームを建てるにせよ、できるだけ適切な、むしろ得する値段で購入したいものです。
そこで、日本で利用されている土地の価値基準である。「実勢価格」「公示価格」「路線価」などとは違う、収益還元法による不動産価値算定の方法について検証し、その計算方法を紹介していきます。


収益還元法って何?
収益還元法とは、その不動産(土地)から生み出される利益からその不動産の適正投資価格を算出する。という方法です。この収益還元法については、既にグローバルスタンダードな計算方法なのですが、日本においてはほとんど普及していないのが現状です。

その理由は、日本においては他所の土地をいくらで販売したのか。ということについて公開されない事が暗黙のうちに原則化されており、不動産会社などが周辺の土地の価格等を勘案した「比準価格」というものを利用して、それを基準にして不動産会社が土地の価格を決めているからです。このことを「取引事例比較法」と呼びます。

さて、上の説明に疑問はないでしょうか?

そうです。上の説明において、土地の価格を決めているのはあくまでも不動産会社であり、消費者はその価格の構成要因となっていないのです。つまり、不動産会社が圧倒的に有利な状況にあるわけです。これでは、私達通常の消費者は土地やその他不動産を購入する際は常にぼったくりにあってしまう事につながります。



このような問題点を改善する為に「収益還元法」の利用をお勧めします。

そもそも、何故土地に価値があるのか。というと、それはキャッシュを生み出すからです。例えば家を建ててそれを人に貸せば家賃収入が、農作物を育てればその農作物の販売益が。というようにその土地を利用する事で収益を得る事ができるからです。
マイホームの場合も、本来あなたが住んでいる家を人から借りた場合は家賃を支払う必要がありますが、それをしなくてよい。という事で、家賃分の収益を生んでいるとみなすことができます。

この土地から生み出される収益を基に、その土地価格(不動産価格)を計算する方法が収益還元法です。合理的でしょ?


収益還元法の計算方法〜予備知識その1 現在価値と将来価値〜
収益還元法の計算方法を説明する前に予備知識として、現在価値と将来価値について検証します。この違いについて説明できる人は、この部分は飛ばして呼んでも結構です。



ここで突然!投資家適正チェックを行います。有価証券Aの適正価格はどのくらいか考えてみてください。

有価証券A:5年間にわたって確実に毎年10万円ずつ配当される。配当されないリスクはゼロとする。

ここで、この有価証券Aの適正価格を50万円と答えたあなたは残念ながら投資家失格です。

マネーには現在価値と将来価値というものがあります。そして現在価値は今ここにある現金の事で、将来価値は将来的に、例えば10年後に手に入る100万円のことです。
そして、現在価値の100万円と将来価値の100万円では現在価値のほうが価値が高いとみなすことができます。

ここまではいいですか?わからない方は、今日1万円貰うのと、10年後に1万円貰うのでどっちが嬉しいか考えてみてください。直感的に今日1万円貰ったほうがお得感がありますよね?

では、この有価証券Aの適正価格について考えてみましょう。
計算を簡便化するため、今無リスク資産について投資をした場合、年間3%の運用益が得られると仮定しておきます。
では、毎年10万円ずつを運用すると、
1年後の価値=10×(1+0.03)=元本×(1+利回り)となりますよね?

つあり、将来価値=現在価値×(1+利回り)となります。
ここから両辺を(1+利回り)で割ってやると、現在価値が出てきます。
現在価値=将来価値÷(1+利回り)

これから計算すると、
有価証券Aの現在価値は、

1年後 10万円÷(1.03)
2年後 10万円÷(1.03×1.03)
3年後 10万円÷(1.03×1.03×1.03)
4年後 10万円÷(1.03×1.03×1.03×1.03)
5年後 10万円÷(1.03×1.03×1.03×1.03×1.03)

を純粋に合計したもの、つまり、有価証券Aの現在価値≒45万7900円

という事になります。これが、現在価値と将来価値の計算方法です。そこまで難しい事ではありませんが、次の収益還元法の計算では、この現在価値と将来価値の計算方法については知っておく必要があります。

まぁ、ここでは、感覚的に「そんなもんだな。」って思ってもらえればいいです。


収益還元法の計算方法〜土地(不動産)からの収益率は?〜

土地については未来永劫に渡って劣化しないとするならば、その収益期間は無限大となります。対してその上モノである建物については日々劣化していきます。そして、家賃収入は年が経過するごとに減少していきます。

この混合である不動産の価値計算は結構難しいのですが、このページでは簡素化の為、土地と建物双方の収益を合計して計算していきます。
「なんだ、使えないじゃん。」なんて思わないで下さい。一応の計算のベースは説明しますので、すべてこの応用で対応する事ができます。また、実際社会においては、金利の変動、景気の動向などにより厳密すぎる計算を行っても最終的には必ずズレが生じてきます。

さて、その算出方法ですが、式は非常にシンプルかつ簡単です。

不動産の収益還元価値=収益÷利回り

です。なぜこのようなシンプルな式になるかについては、収益が永久に続くと今年〜n年後までの現在価値の合計は
収益÷利回り×{1−1÷(1+利回り)n乗}となり(等比数級の和の公式)
(1+利回り)n乗はn=∞とすると、解が1になるからです。

数学好きの方は自分で計算してみても良いですが、面倒な人は上の赤太字の結論部分だけを覚えておいてください。


つまり、不動産の価値は、不動産から得る収益を利回りで割る事で簡単に計算する事ができるのです。
わかりやすくする為に、簡単な例を用いて考えてみましょう。

賃料年間200万円のマンションがあるとします。そして、東京における一般的なマンション投資の利回りが4%前後であることを考えると、
200万÷0.04=5000万

つまり、このマンションの価値は5000万円という事になります。このようにシンプルかつ簡単に求める事ができます。

例えばあなたが今検討しているマンション(購入価格4000万円)があって、同じマンションが賃貸に出されていた場合、その賃料が年間120万円だとすると、120万÷0.04=3150万円となり、今検討している物件は割高な物件ということになります。
逆にこの計算から、あなたが引越ししようとしている物件の賃料が妥当かどうかについても検証することができます。

このように不動産の収益還元法は大変便利ですので、是非覚えておいてください!

 

おすすめ情報サイト
福岡の不動産投資ガイド
不動産を買うのであればしっかりとした「投資」として考えていくべきです。福岡の不動産投資ガイドは、不動産投資の基本から、福岡という都市でのアパート投資、マンション投資を考えていくサイトです。

住宅ローン比較ランキング
やっぱりほしいマイホーム。ローンを組むなら少しでも安い金利で借りるのが鉄則です。わずかの違いでも高額融資となる住宅ローンでは大きな差につながります。




経済的自由への道しるべ 人気ページ
証券会社の手数料比較 ・マネックス証券 ・楽天証券 ・松井証券 ・丸三証券 ・ジェット証券 ・内藤証券 ・イートレード証券 ・ライブドア証券 ・コスモ証券 ・オリックス証券 ・野村證券 ・トレーダーズ証券 ・大和証券 ・カブドットコム証券
インターネット銀行徹底比較 ・楽天銀行 ・ジャパンネット銀行 ・新生銀行
 ・FX投資ガイド ・クレジットカード申込比較 ・キャッシング比較情報 ・福岡の地域情報 ・不動産投資の裏を徹底検証

経済的自由への道しるべトップページに戻る

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO