『無料でインターネットで副収入』『株式投資・証券会社の比較』『インターネットで得する情報や税金についての情報』を解説
経済的自由への道しるべ 副業や株式投資・ネットバンクで資産形成
経済的自由への道しるべ人気証券会社

マネックス証券
バランスの取れたネット証券。無料ツールが優秀 (詳細

経済的自由への道しるべネットバンク活用講座ネットバンクのことを知ろう!>ネットバンクとペイオフ

ネットバンクとペイオフ

ペイオフとは銀行などの金融機関が破綻した際、預金者保護のために金融機関が加入している、預金保険機構によって預金者対して1000万円までの元本およびその利子について保護を行うものです。そして、その1000万円までの元本およびその利子を超過する部分の預金に関しては、破綻金融機関の財政力に応じて一部カットされて返還されます。

ここでは、ペイオフのしくみとネットバンク利用におけるペイオフの利用について分かりやすく説明していきます。

 

ネットバンクと預金保険機構

まず、結論からですが、ネットバンクの場合も普通の銀行と同様に「預金保険機構」に加入していますので、私たちの預金はペイオフの範囲内において保護されています。

ネットバンクだから、万が一の場合保証されないということはありません。ペイオフによる保証は「1000万円の元本とその利息部分」です。

 

ペイオフの実施と私たちへの影響

私は1000万円も預金ないから大丈夫!このような意見を良く耳にします。しかし、この意見は正しくはありません。保護の範囲内である1000万円以下の預金しかなくても私達には大きな影響を与える事となります。


金融機関が破綻した場合、まず最初に「名寄せ」を行い保護すべき預金と差し止めるべき預金に分類が行われ、保険金支払いに向けた準備が行われます。この準備には相当期間を要する可能性もあります。
このような場合、現金の引き出しが凍結されるので予定していた支出に対して不都合が起こる可能性があります。また、口座を利用した給料や年金等の振込みや公共料金の引き落としなどに対しても一時的凍結されることとなります。
ただし、保険金が支払われるまでの期間が長引いた場合かつ普通預金に限っては、正式な支払いに先立ち、一口座につき60万円を限度額に仮払いを行う制度があります。


しかし、このような預金を引き出せなくなる。というリスクに対応する為に生活費や予見される支出などは複数の銀行に分散して預金しておく事をお勧めします。また、1000万円以上の現金等を保有されている方も同様に預金については1銀行1000万円までとしておくことをお勧めします。

 

ペイオフQ&A

ペイオフの対象となる金融機関は?
日本に本店のある銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫が対象です。従って、本店が日本国内にない外国銀行については保護の対象外となります。
また、農協(JA)や漁協については保護の対象外ですが、農水産業協同組合貯蓄保険機構に加入している為、銀行などの金融機関と同等の保護を受けています。

家族の預金はどうなる?
基本的に家族であっても預金者が異なると判断され、各家族について1000万円およびその利子は保護されます。基本的にと申したのは、家族の名義を借りたに過ぎない、と判断された場合、合算した金額の1000万円およびその利息までが保護の対象となってしまうからです。

普通預金と定期預金は名寄せされるのか
名寄せされます。普通預金と定期預金がある場合、その両方を合算したものの中で1000万円およびその利息が保護の対象です。

団体で預金している場合は?
マンションなどの修繕費用について住民が資金を出し合っているような場合、規約などにより法人と同様とされれば、全額に対して1000万円とその利息までしか保護の対象となりません。それ以外の場合は個人の共有預金とみなされるため、それぞれの個人が預金している金額がペイオフ保護の対象となります。

法人名義と個人名義は名寄せされるのか?
されません。例えば、「株式会社ABC:代表取締役ショウ」と「ショウ」の預金については別々の取り扱いとなります。ただし、家族名義の点と同じように、実質的におなじもの。とみなされた場合はその限りではありません。

ローンや借入金はどうなる??
預金と相殺されます。例えば預金2000万円、借入金1000万円の場合は2000-1000=1000万円となりますので、預金は全額保護されます。

投資信託や国債の取り扱いは??
投信や国債については金融機関において別段管理が義務付けられており、通常の預金とは区別され銀行が破綻したとしても全額返済されます。そのため、これらの商品についてはペイオフとは全く関係ありません

 

 

 

 

ネットバンク活用講座

ネットバンク活用講座では便利でお得なインターネット銀行についてそのサービスの紹介や具体的なネットバンクの比較を行います。

ネットバンクのことを知ろう
 |-ネットバンクのメリットとデメリット
 |-ネットバンクに口座を開設するには
 |-ネットバンクの種類と特徴
 |-ネットバンクとペイオフ

自分に合ったネットバンクを選ぶコツ
 |-お財布代わり(ATM)
 |-オークション・通販の振込手数料
 |-資産運用

ネット銀行徹底比較
 |-新生銀行
 |-住信SBIネット銀行
 |-じぶん銀行
 |-ジャパンネット銀行
 |-楽天銀行
 |-大和ネクスト銀行

ネットバンク比較のおすすめサイト
ネットバンク比較ランキング
ネットバンク徹底比較

 

経済的自由への道しるべ

経済的自由への道しるべでは、投資・節約を通じて経済的な自立を目指すためのウェブサイトです。
皆様の経済的な自立・自由獲得のために助けになればと考えております。

経済的自由への道しるべ(HOME)

ライフプランニングと経済的自由
 |-不労所得とは
 |-不労所得を増やすには
 |-複利のパワー

・無料!ネットで稼ぐ
ネットバンク活用講座
 |-インターネット銀行比較
・株式投資で稼ぐ
証券会社活用ガイド
 |-証券会社ランキング
・外国為替投資講座
・クレジットカード徹底比較
・保険をイチから考え直す

 

 

経済的自由への道しるべ人気ページ:証券会社ランキング/インターネット銀行徹底比較/

経済的自由への道しるべに関して情報の無断転載を禁止します。

copyrightc 2003-2013 shou All rights reserved.  

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO